スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンサンムーン S1を終えて

アローラ!(義務感)

こんにちは、かっとびんぐです
最近めっきりハマっていたポケモンのS1(シーズン1)が終了したので感想とか個人用のメモとかその辺を
今後のためにもこういうのはちゃんと残しておいたほうがいいって小2の時の先生が言ってた


とりあえず結果から
S1はシングル最高レート1993
という結果に終わりました

前作のORASでもレートは潜ってたけど最高1897ってとこだったから一気に100近い更新
というのは純粋に嬉しいところなんだけど、ここまで上げると嫌でも2000って数字が見えてきてしまうわけで
それが達成できなかったのはホントに悔しかった

(自分にとっての)最終日に最後の最後にレート溶かしまくって泡吹いて卒倒
次の日仕事だってのに悔しすぎてマジで眠れなくて、結局一睡もせんまま仕事行った
そんくらい悔しいシーズンでした(仕事はちゃんとこなしました)

今から考えるとここまで熱中できることがあるってのはありがたいことだし
何より一緒にレートを競い合える人がたくさんできたってのがホントにでかいと思う
なんなら今もS2が楽しみすぎてワクワクしてる
S2こそ2000乗せるぞって気持ちで頑張りたい


個人的な反省と意気込みはこれくらいに
実際に使用したパーティとか載っけてみます

しつこいかもだけどあくまで個人メモ用ということで多少のアラはご勘弁を
ホントなら「2000達成構築です!」とか書いてみたかったんだけど仕方ないね


Baidu IME_2017-1-16_21-0-48

前々から使ってみたかったギルガルドを中心に、多少のゴリ押しまで想定できる地力をもったポケモン達で組んだ感じ
最初はエルフーン→ガルーラ、ルカリオ→サザンドラだったんだけど重いポケモンが目立ちまくったため1800あたりから今のパーティになりました


Baidu IME_2017-1-16_21-2-8

まずはエルフーン
努力値はH252D156S100
当初はHDぶっぱにしてたけど準速ミミッキュ抜きのために途中から今の努力値に振り直した
しかしこれ、同一個体でやってた当時は気づかんかったけど臆病にしないと実数値に2くらい無駄が出るっぽい。反省

やっぱりフェアリー枠欲しいよねってことで採用。前から興味あったポケモンでもあるということで
ハマった時の詰ませ性能の高さは健在で、エルフーンで完封して勝てた時が一番楽しいと断言できる
おだやかなのはサザンの炎技一発受けて返しのムンフォで仕留めるためとか。あと電気Zコケコにもタイマンで勝てる
とりあえずハッサムには絶対勝てるけど、S調整までした仮想敵のミミッキュがZ持ちだとそのまま吹き飛んだりしたからやっぱエルフーンでミミッキュを見るのは間違いだった説
正直出番は少なかったけど、選出した試合はしっかり働いてくれる印象だった


Baidu IME_2017-1-16_21-3-2

ガブリアス
努力値はA252B4S252
やはり安定感が違う。あいかわらずのジャスティスポケモン
ただ今の構成だとカグヤになんもできなかったり、そもそも毒突きがほぼブルルピンポだったことを考えると
もうちょっと考えてあげられたかなーとは今更ながら思う
環境に居るポケモンのSラインとか確定ラインとか鮫肌の仕様変更とかで意地っ張りガブへの変更をめっちゃ考えたけど1880越えたあたりからガルーラめっちゃおるから結局陽気でいいやってなってた。今のガルーラが最速にしてんのかは知らんけど


Baidu IME_2017-1-16_21-4-2

ゲンガー
努力値はB4C252S252
メガ後の実数値135-x-101-222-115-200

発売前の段階から絶対サンムーンでも使おうと思ってたポケモン
弱体化が叫ばれても、メガターンS参照の仕様変更の恩恵が非常に大きくデメリットを十分にカバーできるメリットが今作のゲンガーにはあると感じた
挑発はこのシーズンぜっっっったい刺さる!と確信して挑発を採用、結果めちゃくちゃ刺さりまくった。今だと挑発無しのメガゲンガーが想像できないレベル
最初はオーソドックスなHSだったけど、Hに振ると挑発後のメガマンダへの道連れが安定しなかったためCSに変更。なんだかんだでCSメガゲンガーの火力は病みつきになる


Baidu IME_2017-1-16_21-5-8


ギャラドス
努力値はH244B252S12
浮いてる物理受けが欲しかったというところで、威嚇も撒けるギャラドスを採用
様々な状況に対してごまかしの効く電磁波を入れ、あとのウェポンは使わなそうなのを一つ削ろうと思っていたが
実戦をこなして抜いてもいい技が一つもないことに気づいたため3ウェポンに
物理受け役とは思えない火力が何より頼もしいという印象、また世間ではギャラドス=メガという意識が浸透していたこともあって
ゴツメギャラはあんまり読まれなかったぽいかな?と思ってる(マンムーが龍舞警戒で吠えてきたりとか)
マンムー、ガブへの引き先として、特に終盤はマンムーの大量発生も相まってめっちゃ出番が多かった
後投げでメガギャラを狩るノーマルギャラの鑑


Baidu IME_2017-1-16_21-6-6

ルカリオ
努力値はA252B4S252
LV50の実数値145-162-91-x-90-156
メガ後の実数値145-197-109-x-90-180

ポリ2ハピがゲロほど重かったため途中からルカリオを採用
大抵のパーティ相手ならゲンガーを優先してたため出番自体は少なかったものの、上記のポケモンを葬り去る姿が最高にカッコよかった
レートが上がるにつれ徐々にゴーリとの遭遇率も上がってきていたため心強かった印象
ベストシーンははねやすめしてきたメガマンダをインファでぶち抜いたところ。かっこよすぎて脳汁出た
現状アイテがないためテテフに何もできないと言われているが、命中75を採用できる心臓は持ってないしそもそもスカーフ前提で考えちゃうから結局意味なくね、てなわけで解禁後も同じ技構成で行くと思う


Baidu IME_2017-1-16_21-6-59

ギルガルド
努力値はH252C252D4
今までずーっと相手に使われるばっかりだったので、今作は自分でも使ってみようと思い採用
間違いなく最強のエースでした。選出率はほぼ100%と言っても過言ではない状態
弱点保険というアイテムの存在と完璧な相性を誇るZクリスタルによって
数多くのガブ、マンダを無償突破してきた神ポケモン
択に負けると一瞬で吹っ飛ぶのと身代わり持ちに滅法弱いというところが課題として付きまとうため、この辺については勝負勘を養うしかないかなとか考えた、けど勝負勘ってなんやねん
ここまでレートを伸ばせたのはギルガルドの功績がでかかったと思う。やっぱりこのポケモンを使って良かった、S2でも勿論続投すると思うから十分にスペックを引き出せるトレーナーになりたい



パーティについてはこんな感じで。
S1は使えるポケモンが全体の30%ほど程度のプールってことで絞込みやメタはやりやすかった方だと思うけど、それをふまえて今自分のパーティ見ると明らかに重いポケモンが見えたりとか構築下手な部分がそれなりに目立ってたと感じる。コケコテテフカグヤマンムー死ぬほど投げられたし・・・
もっと勉強していいパーティ組めるようにしよう。個人的にはすごい気に入ってるパーティではあるんだけど。

ではこの辺で
S2ではなんかカオスな環境になりそうだけどみんなで来期も頑張ってまいりましょう
S2こそ2000乗せます。乗せられなかったらなんでもします

次はS2の反省会場でお会いしましょう
おっちゅ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっとびんぐ@Cut-BING

Author:かっとびんぐ@Cut-BING
遊戯王とヴァイスシュヴァルツとひだまりスケッチが大好きです
頭がかっとビングだぜ!俺!


大会実績等

WGP2012仙台地区ネオスタンダード全勝(7-0)
WGP2012全国決勝オポネント9位(予選3-1)

第一回ピンキー杯ベスト16(予選3-1)


リンク等は大歓迎です。
お気軽にどうぞ^ω^

twitter始めました
@cut_bing

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。