スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】AB!について

現環境においてトップタイトル(私見)のABについて
書いていきたいと思います

WGP真っ只中ということで自分なりに
まとめられればと
ちなみに俺はAB所有者ではないですがw


(歴史)

初期パックのAB&クドわふたー時代
「歌いたかった歌」が当時かなりの注目を浴び
黄赤死アンコールがトップとしてすぐに確立しました
しかしL2のパワーラインの貧弱さ、ハンド確保手段の無さが致命的であり
一戦級のデッキとしては足りないタイトル
という評価が多かったと記憶しています
(それでも当時の全国で入賞はしていました)

そしてABエクストラが登場

絆対応の117500の神の使いや優秀な永続死パンプの葛藤ゆり、
L2からCXシナジーでノーコストで回収の利く許ゆり
チェンジの天使など、相当の強化が加えられたパックですね
これにより発売直後は天使のチェンジを行うABが急増し
神の使いとイベントの兼ね合いによるレシピの研究が進められていました
そのなかでソウル+2シナジーのレシピも上がるようになり
各大会で安定して結果を残し、当時の5強(化とあるDGハルヒAB)として
名を残すことになります
しかし、2012年BCFから圧倒的な早出し環境に突入
L2以降のパワーラインが低いABは環境に取り残される形となり、かつまどマギやゼロ魔等の回復圧縮耐久タイトルも上がってきたため
L2でのソウル+2も不遇になり、とかなりの向かい風となっていました
終わってみれば当時の凖トップタイトルのアイマス、DGが5枠抜けと踏ん張った中で
ABは1抜けのみと、奮わない結果となりました
これによりABは環境トップからは完全に引き下がることになる

…と誰もが思っていました

が、直後に今までに類を見ない驚愕の制限改訂が発表され
当時の3強となっていたとあるハルヒゼロ魔が大打撃を受け
さらには凖ガチクラスのDGアイマスイクサまでもが規制を受けるということになりました
そして規制がかからなかったABにさらに強化が入るということで
似たような立場のまどマギや化にも更に水をあけるような形で
ABは現状の地位を手に入れましたね
ちなみにABエクストラ2の強化枠は
貧弱だったL0の強化、レベル応援の追加によるパワーラインの強化、
フルゲートも可能になる扉CXの追加、新L3ゆりのシナジーによる割り性能
と、これまで足りなかった部分を完全に補うようなテコ入れがなされ
デッキパワーはほぼ間違いなくトップタイトルでしょう

次回の規制等を考えれば
今はABにとっては最もABが輝ける時代であるといえます


(対策)

このようにABはトップタイトルであるということで
勿論大会での使用者数も非常に多く
ABに対して勝率が悪いようなら勝ち抜くことは難しいでしょう

ぶっちゃけ勝ちたいならAB使えよって話にはなるんですが
この記事ではABについて語るつもりなので
しょーもないミラーよりもタイトル、プレイングによる対策を書いていきたいと思います

まずは一般的なABの各L帯の動き方から

L0→3500+αで殴るだけ
L1→神の使い+見送る+歌歌でのかなり高いラインでのアンコールビート
L2→L3ゆりへのチェンジによる早出し
L3→理不尽による詰め


主なテンプレ型なら
このように書いてしまえるほど、動き方自体は単純です

つまり対策を立てるとなれば
やることは決まってくるという形になります


L0
作戦会議かなでが来る場合
都合上相手はキャラを並べ辛いため、移動キャラがかなり有効です
また、フルゲート型が目立つため
パワーが4500程度あればほぼパワーでの突破もされなくなります
(移動:rewriteとあるアイマスイクサDCシンフォギア等)
(高パワー:DGギルクラ等)

L1
L1以下相討ちがあればそれでバッチリですね
1コストかかる神の使いが主軸になっている場合がほとんどだと思うので
ペースを握れる上、歌歌を無視出来るのが一番強みです
そしてアンコール封じも非常に刺さります
大体の場合相手をリバースさせる必要があるので歌歌が怖いのは仕方ないですが
AB側からすると歌歌を握れていなかった場合に辛いのは確実なので
対策としてはかなり有効でしょう
そして上の両方の要素を持ったFTは
メタとしては破格の刺さり方を見せるタイトルだと思います
(相討ち:FTなのはエヴァリトバスrewrite等)
(アンコ封じ:メルブラFTAB等)

L2
早出しの宿命としてバウンスに弱いというものがあり
ABも例外でないため、メタ要素としてはまずバウンスを挙げておきます
ABのチェンジはアンコールステップのため
L3ゆりのCXシナジーを使われる前に場から退場させ、かつチェンジ元が思い出にいくため再チェンジも難しい
と、バウンスが成功すれば一気にテンポをとることができるでしょう
真っ先に浮かぶのが風アイコンのバウンスですが
CXの枠もあるため、キャラの能力でバウンスできるキャラがいれば
採用を検討してもいいでしょう
ただし他色に比べ扱いが難しい黄色の能力なので
覚えておく程度でいいかもしれません
元から黄色を積みやすいペルソナ、AB、シャナ等は
採用を一考する価値はありますね

あとは早出しそのものに対するメタ
有名なのはペルソナですが、L3に対して能力が上がるキャラをもつ
まどマギ、FTも有効だと思いますね
(バウンス:ほぼ全てのタイトル(但し元のデッキに自然に入るバウンスが好ましい))
(早出しメタ:ペルソナFTまどマギ等)

L3
全力でバーンを撃ってくるため
バーンのメタを積めば相手の詰めが止まるのは明らかです
とはいっても現状のバーンメタはシャナにしかいないため
これに関してはシャナにしか出来ないことですね

もしくはストック送り、クロック送り、トップ盛りによる
アンコ封じも有効だと思います
特にクロック送りやトップ盛りはこちらの詰めにもなるので
バーンを撃たせないように、又はバーンを撃たれる前に
決めてしまうのが理想ですね
(バーンメタ:シャナ)
(クロック送り:fateギルクラrewrite等)
(ストック送り:DCペルソナシンフォギア等)



これらを踏まえて
ABに対してメタの視点から有利をとれるのは個人的な見解で
FT、シャナ、rewriteが挙がるでしょうか

勿論これらのタイトル以外でも
ABに刺さる要素(バウンスや盛り等)をデッキに加えることで
対AB、ひいてはABが多いであろう大会を見ることができます

注意しなければいけないのはAB対策に力を入れる余り
自らのタイトルの持ち味を殺してしまい、結果AB以外のタイトルに惨敗する
というような事態にならないようにということですね
もしくは採用札を弄らずとも、ABとフリーをたくさんして
自分のタイトルでの有効なプレイングを見つけていくのもいいと思います


かなり長くなりましたが
自分なりに考えてることをざっと書いてみました

しかしながらAB側としてもメタ返し札(オペレーター遊佐等)の採用が見られるなど
環境トップとして相手の対策を読む、もしくは隙を無くす
という研究を常に行っています

よってこの記事に書いたことがどれ程通用するかはわかりませんが
少しでも参考になれば幸いです


WGPもまだまだこれからです
出場する皆さんは一緒に頑張っていきましょう~

それでは!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっとびんぐ@Cut-BING

Author:かっとびんぐ@Cut-BING
遊戯王とヴァイスシュヴァルツとひだまりスケッチが大好きです
頭がかっとビングだぜ!俺!


大会実績等

WGP2012仙台地区ネオスタンダード全勝(7-0)
WGP2012全国決勝オポネント9位(予選3-1)

第一回ピンキー杯ベスト16(予選3-1)


リンク等は大歓迎です。
お気軽にどうぞ^ω^

twitter始めました
@cut_bing

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。