スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】前回の

続きで考察など。

前回から少し構築変えたのでまずはレシピから






超魔王二枚制限により、ディスガイア悪魔の構築は

・青を混ぜ、回復をデスコで補う赤緑青型
・超魔王が抜けた枠にL3ヴァルを入れる赤緑型

が主なタイプになってくると思います


魔王マオのソウルで押したり
フーカ早出しで早出しメタなど
他にも様々あるとは思いますが一旦割愛で


赤緑青型のメリットとして
・回収容易なcip回復持ちのデスコを採用することで、以前と遜色ない回復が可能

デメリットとして
・安定感に欠けうる三色構成での色事故の危険性


赤緑型のメリットとして
・ほぼ色事故の心配なし
・ディスガイアのネックのパワー不足をヴァルバトーゼの除去で補える

デメリットとして
・回復の貧弱さから出るリカバリーの難しさ
・元天使を置けなければヴァルバトーゼが機能しない


おおまかにはこんなところでしょうか


どちらにも長所短所はありますが、俺が赤緑青型を選択したのは
ディスガイアの大きな持ち味である回復力を損なわせたくなかった
というのが理由ですかね
元々中盤~終盤までにかけてのダメージレースは凶魔、中ボスによって有利をとれるので
最後の詰めの場面でこちらが強い回復をすることで相手に蓋をする
というのが最も理想的な立ち回りであると考えたからです
決して絆のチカラを持ってないからというわけではないんだからね?


では俺が採用した札の採用理由でも


L0

イワシ
フェンリッヒ
相討ち
集中デスコ
絆フロン
アクターレ
プレネールさん


基本的なイワシセットに青のカードをそれぞれ
ぶっちゃけ青は結構好みで決めてしまって構わないと思います。とにかく枠がなくそこまで青に枚数は割けないと思うので
とりあえずプレネールさんはかなりおススメしたいですがプロモなので地味に入手しずらいです
その場合は前述のとおり好みの効果のカードでいいかと

相討ちはゼロ魔、とあるがいた頃は弱すぎて採用できませんでしたが、
現在はそれなりに仕事してくれる上イワシ等と好相性のため二枚採用

絆フロンは使う場面が以前に比べ一気に減ったためピンにしました
プレイングを根本から変えれば3枚程の採用も良いですが、個人的にはピンで充分です

イワシが3枚なのは本当に泣く泣くです
枠を作るためにここを削るしかないと判断しました


L0はこんな感じ

L1以降は特に特筆すべきところはないかもです
クズアーチャー→システムキャラ潰しや飛天併用
助太刀フーカ→1500カウンターじゃあまり役に立たなかったため

このくらい



まだまだ考えなきゃならない点がいっぱいありますね
東京には多分ディスガイア持っていくと思うので
納得いくようないいデッキ持って行きたいです

終わり
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かっとびんぐ@Cut-BING

Author:かっとびんぐ@Cut-BING
遊戯王とヴァイスシュヴァルツとひだまりスケッチが大好きです
頭がかっとビングだぜ!俺!


大会実績等

WGP2012仙台地区ネオスタンダード全勝(7-0)
WGP2012全国決勝オポネント9位(予選3-1)

第一回ピンキー杯ベスト16(予選3-1)


リンク等は大歓迎です。
お気軽にどうぞ^ω^

twitter始めました
@cut_bing

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。