スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【WS】WGP仙台レポ

簡易ですが当日の試合を


一回戦とある(冥土)

L0でCX5枚めくれる
集中で早めに流そうとするも相手のアタックに全てトリガーが乗り、さらにキャンセルせず
L1スキップとかなり無理ゲーの雰囲気
中ボスの擬似リフで事なきを得た後は
L2のクロック6で飛天かまし小萌と冥土焼く
冥土がストックアンコされるが逆にそれで相手のストック尽きる
最後はリフ挟んできっかり3ー7にし勝ち
もう少し楽な展開にしたかったが、CXはしょうがない




二回戦ギルクラ

かなり苦手なギルクラとの対戦だったが、L3集が出てこなくて助かった
お互いにそれなりの動きして、最後のこちらのリフダメがCX
やられたと思ったが直後にキャンセルが入り死なずにすむ
相手がかなりCXを噛んでいたので
返しに1000/1撃って一気にダメ入れて勝ち




三回戦まどマギ

途中経過は忘れましたが最後に5点が入って勝った気がします
宣言は大事ですね




四回戦AB

終始引きもキャンセルも良く
しっかり自分の動きが出来た
ラストは相手のクロック4、山札7、CXが控え室6ストック1見えてる状態で
1000/1張ってフロント無しでの3-3-2ライン作って椎名撃たせずにきっちり〆
ベストな詰めのプレイングが出来たかなと思う
危なげなく勝ち




五回戦まどマギ

序盤は相手が事故らしくL2にいってもL0キャラで2パンしてくる
返しに中ボスの擬似リフ、さすがに勝ったと思っていたが
ここでまさかのCX3噛み、更に相手に返しに殴られた3パンが全て通りL2の4から一気にL3の6に
敗北を覚悟したがトップドローがなんと超魔王
超魔王一枚から一気に4点回復しなんとか立て直すも、シナジーで出てきたほむら含めた相手の盤面から詰めきれず
返しに相手のアタックが3-2-3
最初の3点が通りL3の5、ここまでかと思ったが
なんと奇跡のニ連キャンセルで生還
ラストターン、さやかの願いで計算を狂わされるも
トリガーが乗ってくれて最後の1パンを残し相手クロック6
最後はほむらのトップ削り貫通して1点が通り勝ち
熱い試合でした




六回戦Rewrite

最後まで姉御肌張れなかった
それが響き水着のちはやに好き放題殴られL1はかなりテンポとられる
L2入ってから二面最凶の通りすがりで反撃
相手の山札がかなり強かったため通るかは賭けだったが、何とか4点は入る
L3ちはやもなんとか凌ぎつつ最後の詰めというところで
相手のクロック6でのラストアタックに通りすがりが乗ってしまい痛恨の4点ダメージ
これが災いし相手がジャストキャンセル
しかし相手の山札枚数的に2パンを凌げれば勝てると言う状況
ラストアタックちはや効果でジャスト致死の3点が来るがこれをキャンセル
相手投了で勝ち
リライトに関しては飛天が撃てればと考えていたが
結局最後まで握れなかったのは悔しかった




七回戦AB

L0は先攻のイワシフェンリッヒが刺さり完璧にアドをとる
L1でも相手の神の使いが転び、そのまま押す
L2でも最凶が通りすがりと完璧な展開
ラストは相手の理不尽バーンをきっちり止めた返しに
最後のアタックでトリガーが乗ればという場面でめくれたのが最終兵器DESCO
ちょうど致死の3点、これが通りフィニッシュ





こうして俺の仙台ネオスタは終わりました

結果は全勝
俺が全国に行けるなんて夢にも思わなかったです

ディスガイアをずっと考え続けて
こうして最高の結果を出すことが出来た俺は幸せ者ですね

デッキにありがとうと言いたいです


全国、そして横浜のトリオも勿論ディスガイアで頑張ります
これからももっと研究して
今以上のデッキに出来るよう努力し続けるつもりです

改めて今回の大会に関わった皆様はお疲れ様でした!


多分明日か明後日にレシピが出ると思うので
もしご意見、ご感想等あれば
お気軽にたくさんコメントください♪

それでは!


スポンサーサイト

【WS】仙台ネオスタ地区決勝

使用:ディスガイア

一回戦とある(冥土) ○

二回戦ギルクラ ○

三回戦まどマギ ○

四回戦AB ○

五回戦まどマギ ○

六回戦rewrite ○

七回戦AB ○


結果全勝抜けできました!!

もうディスガイアラブです
頑張ってくれてありがとう!

応援してくれた身内のみんなもありがとです!


詳しいレポは明日書きますー

参加者の皆さん&運営のブシロードスタッフの方々
お疲れ様でした!


寝ますw

【WS】ゼロの使い魔

最近ディスガイアの記事ばかりな気がしたので
今日はサブデッキのゼロ魔を紹介したいと思います

サブとはいっても
安定した早出しによる制圧力はディスガイアを圧倒的に上回り
あらゆるタイトルを相手に互角以上の試合運びをこなせるデッキだと思ってます

ちなみに貴族選抜です





制限前の構築から無意識、人質を抜き
そのまま低レベル帯を厚くしたシンプルなコンセプトになっています

セーラー服のシエスタは
L0のひそひそ話、L1のガンダールヴのライン形成を演出してくれる子ですね
集中はあまり使いませんが強い絆が来ない時のストック調整には一役買うことも
万一集中ヒットしたらかなりおいしいですしね
まあ当たらないこと前提で集中は使ってます

ガンダールヴはシナジーが2000/1のため
単純にシナジーでアドをとれるアドバンテージメイカーとして優秀です
かつ、控え室からの回収なのでこれで貴族を回収し
L2に備えることができます

実はここがこの構築の肝なのですが
従来のゼロ魔はひたすら貴族を回収し、ひたすら投げ続けることで
L2での驚異的な耐久、及び高パワーラインでの面押しを可能にしていました
そしてそれを可能にしていたのが人質であり、無意識だったわけですね

しかし当然ながら貴族を選抜した場合これらを使用することはできないため
従来のような貴族耐久を目指す際にはこれに代わる回収手段を考える必要があるというわけです

「フルゲート」か「ガンダールヴ」か「虚無ルイズ」かの三択になりましたが
俺はガンダールヴを選択しました

フルゲートはトリガー頼みになってしまうこと
虚無は香水のモンモランシ―等のサポートに枠を割かなければならないこと
などですかね
また、ゼロ魔は相手ターンは気丈や長女によりかなり硬いタイトルですが
自ターンの突破力に不安があることが多かったため
攻撃力を補うといった意味でも2000/1の恩恵は大きいと判断しました
ちなみにイルククゥの採用も同じ理由です


一際目立つのはワルドの裏切りだと思いますが
ここに関しては規制により下がったデッキパワーを補うためのカードであり
かつ、ABに対して勝ち筋を見い出せるキーになりえる札です

一見ギャンブルに見えますがこのデッキは強い絆やガリアの王族の集中により
基本的にL1のクロック6でのリフを目指すため、しっかり圧縮することで
必然のヒットとすることは可能です

正直これを積むならモンモランシー等で成功率を上げるとともに
惚れ薬も積むなどしても面白いとは思いますが
まだそこまでのレシピはまとまってないので今は見送りです
いつか試してはみたいですね




いろいろ脱線したりしてしまいましたが
一応以上でゼロ魔のデッキ紹介となります

Rewriteのこともありますしこれからどんな立ち位置になるかわかりませんが
研究は怠らないようにしていきたいですね


ではまた!



【WS】公認レポ

愛好堂公認

10人スイス

使用DGラハールビート


一回戦ペルソナメガネ処刑

L0~L1まではしっかりビート
相手のダメL2クロック5から凶魔3枚並べて通りすがり
そのままL4まで詰め切って勝ち
処刑相手にL3スキップは強すぎた




二回戦AB!

L1の中盤でラハマオ効果使用し殴ったら扉噛みまくりハンドバースト
さらに返しに相手にCX張られ、全て通るという最悪の事態
相手L1のクロック2、こちらL2のクロック6でターン返ってきて
流石にきついかと思ったが中ボストップしたのでそのまま叩きつけてギリギリ圧縮成功
その後は2ターン連続で通りすがったりこちらのキャンセルが強かったりで奇跡的にダメージ追いつく
相手のバーン込みの4パンを全キャンしてから
DESCO3体でダメージ押し込み勝ち




三回戦舞乙

全くプール把握してなかったのでパワーラインとかわからないまま手探りプレイング
L1までにしっかりアドをとりつつストックも噛み合ったため
かなりのレベルでの圧縮に成功
鉄壁並みの気持ち悪いキャンセル連発して
最後は中ボスでCXを叩き落としそのまま殴りきって〆




結果優勝

特に二戦目のAB戦は本当に自信になりました
「キャンが強かっただけ」と言われればそれまでですが
11というダメ差をひっくり返せたのは自分でびっくりでした
素直に自分のデッキを褒めてあげたいですね




今回使用したラハールビートのレシピです










姉御肌4元天2から姉御肌3元天3への変更
L0アタッカーにラズベリル&サファイアを採用


中ボスや超魔王を引っ張ってきたり
ダイレクト枠に置いて殴って返しのターンに回収するアドバンテージメイクなど
元天3によってよりデッキの強みを安定して出せるようになったと思います
元天のスペックは本当に高いです

ラズベリル&サファイアに関しては正直ヌシデスコのほうが安心して運用はできます
が、最近はパワー500で強烈な効果を持ったL0システムキャラがかなり目立つため
今回は試験運用という形で採用しました

とりあえず今回は少ないながら活躍の場はあったため
もう少し試していきたいと思います


ラズベリル&サファイアのSR
めちゃくちゃイラストいいんですよねー
採用決めたら買っちゃおうかと思ってますw


ではこの辺で
デュワッ

【WS】AB!について

現環境においてトップタイトル(私見)のABについて
書いていきたいと思います

WGP真っ只中ということで自分なりに
まとめられればと
ちなみに俺はAB所有者ではないですがw


(歴史)

初期パックのAB&クドわふたー時代
「歌いたかった歌」が当時かなりの注目を浴び
黄赤死アンコールがトップとしてすぐに確立しました
しかしL2のパワーラインの貧弱さ、ハンド確保手段の無さが致命的であり
一戦級のデッキとしては足りないタイトル
という評価が多かったと記憶しています
(それでも当時の全国で入賞はしていました)

そしてABエクストラが登場

絆対応の117500の神の使いや優秀な永続死パンプの葛藤ゆり、
L2からCXシナジーでノーコストで回収の利く許ゆり
チェンジの天使など、相当の強化が加えられたパックですね
これにより発売直後は天使のチェンジを行うABが急増し
神の使いとイベントの兼ね合いによるレシピの研究が進められていました
そのなかでソウル+2シナジーのレシピも上がるようになり
各大会で安定して結果を残し、当時の5強(化とあるDGハルヒAB)として
名を残すことになります
しかし、2012年BCFから圧倒的な早出し環境に突入
L2以降のパワーラインが低いABは環境に取り残される形となり、かつまどマギやゼロ魔等の回復圧縮耐久タイトルも上がってきたため
L2でのソウル+2も不遇になり、とかなりの向かい風となっていました
終わってみれば当時の凖トップタイトルのアイマス、DGが5枠抜けと踏ん張った中で
ABは1抜けのみと、奮わない結果となりました
これによりABは環境トップからは完全に引き下がることになる

…と誰もが思っていました

が、直後に今までに類を見ない驚愕の制限改訂が発表され
当時の3強となっていたとあるハルヒゼロ魔が大打撃を受け
さらには凖ガチクラスのDGアイマスイクサまでもが規制を受けるということになりました
そして規制がかからなかったABにさらに強化が入るということで
似たような立場のまどマギや化にも更に水をあけるような形で
ABは現状の地位を手に入れましたね
ちなみにABエクストラ2の強化枠は
貧弱だったL0の強化、レベル応援の追加によるパワーラインの強化、
フルゲートも可能になる扉CXの追加、新L3ゆりのシナジーによる割り性能
と、これまで足りなかった部分を完全に補うようなテコ入れがなされ
デッキパワーはほぼ間違いなくトップタイトルでしょう

次回の規制等を考えれば
今はABにとっては最もABが輝ける時代であるといえます


(対策)

このようにABはトップタイトルであるということで
勿論大会での使用者数も非常に多く
ABに対して勝率が悪いようなら勝ち抜くことは難しいでしょう

ぶっちゃけ勝ちたいならAB使えよって話にはなるんですが
この記事ではABについて語るつもりなので
しょーもないミラーよりもタイトル、プレイングによる対策を書いていきたいと思います

まずは一般的なABの各L帯の動き方から

L0→3500+αで殴るだけ
L1→神の使い+見送る+歌歌でのかなり高いラインでのアンコールビート
L2→L3ゆりへのチェンジによる早出し
L3→理不尽による詰め


主なテンプレ型なら
このように書いてしまえるほど、動き方自体は単純です

つまり対策を立てるとなれば
やることは決まってくるという形になります


L0
作戦会議かなでが来る場合
都合上相手はキャラを並べ辛いため、移動キャラがかなり有効です
また、フルゲート型が目立つため
パワーが4500程度あればほぼパワーでの突破もされなくなります
(移動:rewriteとあるアイマスイクサDCシンフォギア等)
(高パワー:DGギルクラ等)

L1
L1以下相討ちがあればそれでバッチリですね
1コストかかる神の使いが主軸になっている場合がほとんどだと思うので
ペースを握れる上、歌歌を無視出来るのが一番強みです
そしてアンコール封じも非常に刺さります
大体の場合相手をリバースさせる必要があるので歌歌が怖いのは仕方ないですが
AB側からすると歌歌を握れていなかった場合に辛いのは確実なので
対策としてはかなり有効でしょう
そして上の両方の要素を持ったFTは
メタとしては破格の刺さり方を見せるタイトルだと思います
(相討ち:FTなのはエヴァリトバスrewrite等)
(アンコ封じ:メルブラFTAB等)

L2
早出しの宿命としてバウンスに弱いというものがあり
ABも例外でないため、メタ要素としてはまずバウンスを挙げておきます
ABのチェンジはアンコールステップのため
L3ゆりのCXシナジーを使われる前に場から退場させ、かつチェンジ元が思い出にいくため再チェンジも難しい
と、バウンスが成功すれば一気にテンポをとることができるでしょう
真っ先に浮かぶのが風アイコンのバウンスですが
CXの枠もあるため、キャラの能力でバウンスできるキャラがいれば
採用を検討してもいいでしょう
ただし他色に比べ扱いが難しい黄色の能力なので
覚えておく程度でいいかもしれません
元から黄色を積みやすいペルソナ、AB、シャナ等は
採用を一考する価値はありますね

あとは早出しそのものに対するメタ
有名なのはペルソナですが、L3に対して能力が上がるキャラをもつ
まどマギ、FTも有効だと思いますね
(バウンス:ほぼ全てのタイトル(但し元のデッキに自然に入るバウンスが好ましい))
(早出しメタ:ペルソナFTまどマギ等)

L3
全力でバーンを撃ってくるため
バーンのメタを積めば相手の詰めが止まるのは明らかです
とはいっても現状のバーンメタはシャナにしかいないため
これに関してはシャナにしか出来ないことですね

もしくはストック送り、クロック送り、トップ盛りによる
アンコ封じも有効だと思います
特にクロック送りやトップ盛りはこちらの詰めにもなるので
バーンを撃たせないように、又はバーンを撃たれる前に
決めてしまうのが理想ですね
(バーンメタ:シャナ)
(クロック送り:fateギルクラrewrite等)
(ストック送り:DCペルソナシンフォギア等)



これらを踏まえて
ABに対してメタの視点から有利をとれるのは個人的な見解で
FT、シャナ、rewriteが挙がるでしょうか

勿論これらのタイトル以外でも
ABに刺さる要素(バウンスや盛り等)をデッキに加えることで
対AB、ひいてはABが多いであろう大会を見ることができます

注意しなければいけないのはAB対策に力を入れる余り
自らのタイトルの持ち味を殺してしまい、結果AB以外のタイトルに惨敗する
というような事態にならないようにということですね
もしくは採用札を弄らずとも、ABとフリーをたくさんして
自分のタイトルでの有効なプレイングを見つけていくのもいいと思います


かなり長くなりましたが
自分なりに考えてることをざっと書いてみました

しかしながらAB側としてもメタ返し札(オペレーター遊佐等)の採用が見られるなど
環境トップとして相手の対策を読む、もしくは隙を無くす
という研究を常に行っています

よってこの記事に書いたことがどれ程通用するかはわかりませんが
少しでも参考になれば幸いです


WGPもまだまだこれからです
出場する皆さんは一緒に頑張っていきましょう~

それでは!

【遊戯王】スクラップ

友人とスクラップについて少し話す機会があったので
脳内即席



モンスター16

キマイラ3
ビースト3
ゴブリン1
フォトスラ3
ブレイカー3
サモプリ2
開闢1

魔法14

強謙2
スコール3
エリア2
嵐1
ブラホ1
蘇生1
操作1
サイク3

罠10

神宣1
奈落2
激流2
ミラフォ2
強脱2
荒野1

EX15

スクドラ3
クリブレ1
ダクエン1
アカナイ1
ブラロ1
ショックルーラー1
ホープ1
ホープレイ1
チェイン1
マエスト1
ローチ1
パール1
ガンマン1



ブレイカーは奈落踏んだり幽閉剥がしたりアカナイ作ったり

開闢はパワカ

荒野は趣味


ガイドラは今そこまでランク高いのでるかなと思ったので一旦不採用

リビデデモチェ聖槍etc...
入れたいのはまだまだあるんですがね


それなりに戦えるとは思いますよ
いろいろツッコミください

では

【WS】ディスガイア月の誓い型

絶対の忠誠フェンリッヒを試してみたく
サンプルレシピを即興ながら二つあげ



DG/SE08-31
カード名:絶対の忠誠 フェンリッヒ
カテゴリ:キャラクター
色:赤
レベル:1 コスト:0 トリガー:0
パワー:5000 ソウル:0
特徴:《悪魔》・《動物》


【自】このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたのクライマックス置場に「月の誓い」があるなら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。



まずは通りすがりの魔王+月の誓いの形
前までのレシピのラハマオ4扉4をそのままフェンリッヒ4月の誓い4に置き換えた感じのものです





次に最終兵器現る+月の誓いの形
L1~L2までの動き方が今までのとはガラッと変わります





比較しながら解説でも

上のレシピはラハマオと扉によるアドバンテージを
そのままフェンリッヒのシナジーに置き換え、なおかつ通りすがりでの押し込みにより
一気にソウルを叩き込む構成になっています

フェンリッヒシナジーのキャンセルがうまく噛み合えばハンドを補充しつつ高ソウルを撃てるため
「相手にしたいことをさせないまま押し勝つ」ことも充分に可能です

難点としてはハンドの補充手段がほぼフェンリッヒのシナジー頼りになっているため
シナジーが使えなかった試合はまず苦しい展開になるとみて間違いないというところでしょうか

通りすがりもハンドが潤沢でないと最凶のアンコール維持+CX連発
は安定して撃てるものではありません
最後の綱である超魔王も二枚制限であることですし
とにかくハンドをしっかり維持できるかが勝負ですね

一応これで十数回フリーで回しました
中々勝率は良かったです、しっかり調整すればいいデッキになってくれるかと



続いて下のデッキ

青の枚数を多めにし、L2からはDESCOの早出しを狙う構成です

集中デスコや本トリガーによってハンドを確保しつつソウル+2を狙います
チェンジ前のデスコのCXシナジーによりAB!に牽制をかけることも可能です

難点としては
デスコのチェンジ方式のコストが独特なため中ボスとの相性が悪い場合がある
素前選抜のアイマス(特にOFF真込み)との相性の最悪さ
飛天のノイズっぷり

このレシピに関してはまだ脳内構築の段階なので
(特に飛天とか)回してみるまで何とも言えないところもたくさんあると思います

個人的にはディスガイアが勝ち切るには
飛天は絶対に外せない要素なんですがね。
この辺もちゃんと考えていきたいですねー


ではでは

【遊戯王】ボルトキャノン

モンスター14

クイック・シンクロン3
ボルト・ヘッジホック3
トゥーン・キャノン・ソルジャー3
アンノウン・シンクロン1
カードカー・D3
クリッター1


魔法16

トゥーンのもくじ3
成金ゴブリン3
調律3
強欲で謙虚な壺2
一時休戦3
おろかな埋葬1
死者蘇生1


罠9

王宮の鉄壁3
神の宣告1
魔宮の賄賂3
聖なるバリア―ミラーフォース―2


EX15

ダイガスタ・フェ二クス3
ガチガチガンテツ3
フルエルフ3
No.96 ブラック・ミスト2
ジャンク・デストロイヤー1
ニトロ・ウォリアー1
AOJ カタストル1
アームズ・エイド1



久々にデッキ作ったよ!
おやすみなさい。

【WS】前回の

続きで考察など。

前回から少し構築変えたのでまずはレシピから






超魔王二枚制限により、ディスガイア悪魔の構築は

・青を混ぜ、回復をデスコで補う赤緑青型
・超魔王が抜けた枠にL3ヴァルを入れる赤緑型

が主なタイプになってくると思います


魔王マオのソウルで押したり
フーカ早出しで早出しメタなど
他にも様々あるとは思いますが一旦割愛で


赤緑青型のメリットとして
・回収容易なcip回復持ちのデスコを採用することで、以前と遜色ない回復が可能

デメリットとして
・安定感に欠けうる三色構成での色事故の危険性


赤緑型のメリットとして
・ほぼ色事故の心配なし
・ディスガイアのネックのパワー不足をヴァルバトーゼの除去で補える

デメリットとして
・回復の貧弱さから出るリカバリーの難しさ
・元天使を置けなければヴァルバトーゼが機能しない


おおまかにはこんなところでしょうか


どちらにも長所短所はありますが、俺が赤緑青型を選択したのは
ディスガイアの大きな持ち味である回復力を損なわせたくなかった
というのが理由ですかね
元々中盤~終盤までにかけてのダメージレースは凶魔、中ボスによって有利をとれるので
最後の詰めの場面でこちらが強い回復をすることで相手に蓋をする
というのが最も理想的な立ち回りであると考えたからです
決して絆のチカラを持ってないからというわけではないんだからね?


では俺が採用した札の採用理由でも


L0

イワシ
フェンリッヒ
相討ち
集中デスコ
絆フロン
アクターレ
プレネールさん


基本的なイワシセットに青のカードをそれぞれ
ぶっちゃけ青は結構好みで決めてしまって構わないと思います。とにかく枠がなくそこまで青に枚数は割けないと思うので
とりあえずプレネールさんはかなりおススメしたいですがプロモなので地味に入手しずらいです
その場合は前述のとおり好みの効果のカードでいいかと

相討ちはゼロ魔、とあるがいた頃は弱すぎて採用できませんでしたが、
現在はそれなりに仕事してくれる上イワシ等と好相性のため二枚採用

絆フロンは使う場面が以前に比べ一気に減ったためピンにしました
プレイングを根本から変えれば3枚程の採用も良いですが、個人的にはピンで充分です

イワシが3枚なのは本当に泣く泣くです
枠を作るためにここを削るしかないと判断しました


L0はこんな感じ

L1以降は特に特筆すべきところはないかもです
クズアーチャー→システムキャラ潰しや飛天併用
助太刀フーカ→1500カウンターじゃあまり役に立たなかったため

このくらい



まだまだ考えなきゃならない点がいっぱいありますね
東京には多分ディスガイア持っていくと思うので
納得いくようないいデッキ持って行きたいです

終わり
プロフィール

かっとびんぐ@Cut-BING

Author:かっとびんぐ@Cut-BING
遊戯王とヴァイスシュヴァルツとひだまりスケッチが大好きです
頭がかっとビングだぜ!俺!


大会実績等

WGP2012仙台地区ネオスタンダード全勝(7-0)
WGP2012全国決勝オポネント9位(予選3-1)

第一回ピンキー杯ベスト16(予選3-1)


リンク等は大歓迎です。
お気軽にどうぞ^ω^

twitter始めました
@cut_bing

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。